JW MP3 Player(s) embedded in review articles are powerd by Jeroen Wijering.com

2007年08月23日

[DHS0033] Grotesque compositions

[DHS0033] Grotesque compositions
Cover
 dharmasoundのレビューもとりあえず一区切りです。素朴で無邪気なような、ちょっと宗教的な香りもするカバーアートの一枚。
 音のほうはといいますと、いえ、音だけで考えると聴く人を選びそうな音使いです。が、全体的にほのかに柔らかな曲調で、音のノイズ&ピコピコの割にはかなり聴きやすく仕上がっています。いろいろエフェクトがかかってそうなヴォーカルがいい味を出しているんだと思います。実際の声の主はどんな方かわかりませんが(もしや合成音声だったりして)、ちょっと子供のような、そうでもないような、不思議な声になっています。

 聴いていくうち、カバーアートのイメージどおりの曲に感じてきました。お勧めは、4曲目のStorty (Deformed boy)。

 ライセンスは、Creative Commonsの表示 - 非営利 - 改変禁止

  Grain:Gnome from dharmasound. It has mysterious cover art.
  Sound is sharp, but melody and voices are soft. Nice tracks, especially 4th track "Storty (Deformed boy)".

  This album is released under Creative Commons License (Attribution-NonCommercial-NoDerivs).

 単語の羅列チックになってしまいました。例によって誰か助けて。
posted by Ciao at 00:10| Comment(0) | 音楽 - ネットレーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。