JW MP3 Player(s) embedded in review articles are powerd by Jeroen Wijering.com

2007年10月27日

enジャパンセミナーに行ったけれど・・・

 けれど・・・です。体調もすぐれず、疲れも抜けていない状態で昼も食べずに行ったためか以前のマイナビよりもごった返す人混みで疲労感が強くイーライリリーと富士フィルムの2社で断念。個人的に見ておきたかった出光ユニテックとユポ・コーポレーションも見ずじまい。あんまし有意義じゃありませんでした。
 それでも一応簡単にまとめておきます。「続きを読む」でどうぞ。

 ・・・つーか、富士フィルムのブースで聞いてたとき、軽く倒れるかと思った・・・途中何回か離れて少し歩くことで何とかしましたけど。富士フィルムの後、「もー無理。」と思って帰りました。 
 
日本イーライリリー
 「ミラクルをちょうだい」のイーライリリーです。周りがうるさくてよく聞こえず。得意分野は中枢・癌・内分泌・循環器だそうで。まあよくあるパターンですが、循環器にはさほど力を注いでいないようで、高脂血症や高血圧の治療薬は出していないそうです。中枢ではADHD治療薬の開発予定もとのこと。癌については次はリンパ腫の治療薬を開発予定だそうで。あ、あと、石綿肺(中皮種)の治療薬を発売予定とのこと。
 ウェブサイトでもそうでしたが、研究開発(R&D)重視は強調していましたね。あと、選択と集中によってPhaseII以降の成功率が業界平均の50%を大きく上回る90%になっているとのこと。
 一つのキーワードとして「Patient Oriented Approach」「Problem Oriented Detail」がありました。あと、企業理念を最初と最後の2回も言っていました。
 乱文ですがどんどん行きます。次、経営方針など。日本ではまだ小さい(R&D400人/1670人全社員)ですが、M&Aには頼るつもりがないとのこと。M&Aをするということはリストラも絡みますし、自社で人を育てないことには研究開発はうまくいかないとの考えだそうです。
 で、最後に社員研修、キャリアなど。入社後に英語教育があるそうです。で、社内公用語は英語。外資系企業でも、日本で採用するからには海外勤務はさほど多くないのが大半とのことですが、そんな中イーライリリーは、日本法人に採用されることと米本社に採用されることはまったく同じ扱いになるそうで、特にR&D職はノーボーダーだそうです。まあ、日本法人が小さいことを考えても順当なお話。
 そうそう、以前、杏林製薬では技術職→MRのパターンはないとの話でしたが、イーライリリーではその辺もノーボーダーだそうで、R&D→MRや文系職もありうるとのこと。

富士フィルム
 ちょっと前に「富士写真フィルム」から「富士フィルム」に社名変更したそうです。知らなかった・・・つーか元から「富士フィルム」だと思ってた・・・
 化粧品その他の新分野に進出するも写真フィルム事業はやめる気がないそうで。そこらへんはちょっと首をかしげます。
 ちなみに化粧品は写真フィルム事業で培った抗活性酸素技術(色あせない写真)やコラーゲン技術(なんか写真に絡むらしいけど良く聞こえなかった)を基にしているらしいです。新事業展開については、「富士フィルムのイメージと違うと感じるかもしれないけど、将来富士フィルムのイメージとして当たり前に定着するぐらいになりたい」とのこと。で、研究所も新設したそうです。グッドデザイン賞を受賞したと自慢顔。
 イーライリリーとは対照的に、こちらはM&Aに積極的です。あと、職種別採用をせず、定期的に部署をローテーションするそうです。
 あと一言。富士フィルムも最近医療分野に力を入れているそうですが、思うに、何で皆して医療分野に力を入れるんでしょう?もちろん医療医はカネがかかりますし、少子高齢化でこれからはもっとかかるようになります。が、猫も杓子も医療に喰いつくのはちょっと首をかしげます。と、いうか、きな臭い感じがします。あんまり生臭いことはやらんといてくださいよ。個人的には、医療とビジネスはできるだけ距離を置いたほうがいいと思っている次第です。

・最後に
 就職活動をはじめた風味になってからというもの、製薬企業への興味がどんどん薄れていきます。こないだ、生物有機化学の授業でビデオを見たことでも思ったのですが、自分は「人を助ける」というよりも「何か面白いものを作る」という考えが強いのかもしれません。
 それともう一つ、先ほどの「医療とビジネスはできるだけ距離を置いたほうが良いと思っている次第です」という言い回し、医療関係をメインに据える企業で働くことに罪悪感があるのか、あるいは医療でビジネスすることに対する反発か・・・製薬企業から常套句のようによく聞く「社会貢献」「患者様のために」などといった言葉がどこか空虚に聞こえてしまうことと何か関係があるのかもしれません。
 おそらく自分のやや皮肉屋な性格と関係していると思うのですが、皮肉屋はちょっと性格的に悪い性格だと思うのですが、何とかしたほうが良いんですかね?でも、自分から皮肉や風刺を取ったら何も残らない気が・・・(哀)
posted by Ciao at 22:07| Comment(0) | 雑記 - その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。