JW MP3 Player(s) embedded in review articles are powerd by Jeroen Wijering.com

2007年09月10日

The Tracey Fragmants

from DIGITAL DJ

 DIGITAL DJの記事で見かけたEllen Pageの主演作、The Tracey Fragmentsがなんだかかなりよさそうです。ストーリーに関してはEllen-Page.orgFilmographyに書いてあるものをざっと読んだだけなのですが、どうやら育児放棄気味の両親の元育ったTraceyが家を出たきり行方不明の風変わりな弟Sonnyを探す中でいろいろな目にあうという話のようです。

 ハードキャンディは怖くて見ていない(小心者)のですが、X-Men3で結構話題になっていたようなので「ふーん」という程度でチェックしていたのですが、いや〜、Trailerを見た感じ、かなりいいですね、Ellen Page。X-Men3のときはひたすらかわいい系一辺倒の役回りで、個人的には役目の多さの割にあまり印象に残らなかったのですが、今回は強烈そうです。体は小さい(Wikipediaによると155cm)ようですが、迫力とオーラがあります。
 インタビュー映像でも質問されていますが、実年齢は20歳で役年齢15歳を違和感なく演じています。え、俺(21)より一つしか違わないじゃん。しっかりしてますね〜って俺がダメなだけか。

 日本公開はいつになるのでしょう。むしろちゃんと日本公開してくれますよね?
 最近は音楽も映画もマイナー嗜好になってしまって、他人と趣味の話が全然できません。あちゃー。時事ネタなら話せるんだけどな。ブラックな方向で。これまたあちゃー。雑談力がありません。
posted by Ciao at 23:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

ヒュー・ジャックマン殿・・・

from ロイターmixiコミュ

 お・・・オールバックでござんすか?相変わらず笑顔はぷりちぃですがあまりにバシッとキメキメ(もち、ドラッグじゃなくて服装でござんすよ)な姿にちょっと違和感。
 そういえばこの姿に対してご子息のオスカー君は"That's quite a disturbing look."とコメントしたそうな。
posted by Ciao at 22:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

V for Vendetta

 やっとこさ、借りてきて観ました。で、中身ですが、う〜ん・・・期待が大きかっただけにいまいちだった気が。別に悪いところがあるわけじゃないんですが、なんというか、「リベリオン」あたりに似てて新鮮さがなかったというかなんと言うか・・・
 とにかく、"V"役のヒューゴ・ウィービングはよかったです。ずっと仮面をかぶってる役で表情がまったく作れないはずなのに、見事に仮面に命を吹き込んでいます。

 ところで、先日も書いた「クリムゾン・リバー」ですが、やっぱいいですね。ラストはいまいちですが映像・音ともに気に入ってます。ちょっとミステリーにハマりそうかも。ただ、政治・宗教絡みの話はもともと好きなので、そのせいもあるかもしれませんね。

 さらにところで、懲りずに「Jeskola Buzz」いじりを再開してます。とりあえず、パラメータが少ないPrimi Funとかからいじってみてるんですが、全然思った音が出せてません。才能もないのにようやりますな。下手の横好きってやつです。ま、地道にいぢいぢしてくつもりです。
posted by Ciao at 22:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

みみみ・・・見たいぞっ

 エイドリアン・ブロディ主演、「Hollywoodland

 「戦場のピアニスト」にも主演していたエイドリアン・ブロディ主演のミステリー。予告編を見た感じでは、結構見たい。全米ではすでに公開中みたいだけど、日本公開は未定。というか公式の日本語情報がない・・・とりあえず、チェックってことで。

続きを読む
posted by Ciao at 23:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

クリムゾン・リバー

 昨日やってたやつです。見ました。やっぱいいですね。ジャン・レノ。個人的には、ああいうダークで謎めいた雰囲気の映画って、結構好きです。ちょっとオカルトっぽいのも好き。そういえば、クリムゾン・リバー2はリュック・ベッソンが監督したんですよね。やっぱり、どうしても2となると二番煎じな感じは否めませんよね。でも演出とか、配役に関しては2のほうが好きです。さすがリュック・ベッソン。相棒役のブノワ・マジメルかっこいいし。
 相棒役といえば、クリムゾン・リバー1の相棒役、ジャンヌ・ダルクにも出てませんでした?・・・・・調べてみたら、やっぱり出てました。

 それにしても、邦画はあまり見ないので詳しくないのですが、やっぱり日本は宗教色が薄いこともあってオカルトとかはあんまりないんですかね。せいぜい妖怪物が出るくらいだけどやっぱり背景がしっかりしてないというか、どうも単なるホラーっぽくなったり(ちなみに、ホラーは苦手です)、「にほんむかしばなし」みたいになっちゃってる気がするんですよね。別に邦画が嫌いなわけでもなんでもないんですが、邦画になかなか見たいと思う映画が出てこないんですよねぇ〜。
posted by Ciao at 13:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

気になってる映画をいくつか

 公開がまだで、ちょっと気になってる映画をちょっと列挙。

X-MEN3
スキャナー・ダークリー
イルマーレ(The Lake House)
The Prestige

続きを読む
posted by Ciao at 00:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

ロード・オブ・ウォー

 i-morleyだったか、言論の不自由だったか忘れましたが、モーリーさん絡みで知った「ロード・オブ・ウォー」を借りて見ました。心なしか、「コンスタンティン」に表の写真が似てる気が・・・
 と、まあ、そんなことはどうでもいいとして、中身です。うたい文句に偽りなしですね。なかなかガクッとくる映画です。見ると何だか無力感に襲われます。こういうのを見ると思うのは、といってもこれは持論でもあるんですが、やっぱり小手先を捕まえても「悪」(といっても何が悪だか、絶対悪などというものが存在あるいは見分けられるのかなんて分かりませんが、一応、「悪」とされているもの)にはたいした影響が無くて、すべてのつながりを解明して、そのあらゆる部分を遮断して源となっている部分を叩かなければ、解決へは向かわないし、それを叩くのはすごく難しい。スケールの大きな問題を解決するというのは、途方も無く難しいな、ということです。

続きを読む
posted by Ciao at 22:22| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

急げポッターと炎のゴブリン(違)

 いろんなところでいろんなスペルがだいぶ大幅に違っているようですが、やっとこさ見ました。で、まあ、いつもどおりポッターですな。以上!

続きを読む
posted by Ciao at 18:51| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

サタンにファック・ユー!

 地元のTSUTAYAでCDアルバム5枚で1000円キャンペーンをやっていたので、5枚ばっちり借りて、ついでにDVDとかも料金を改定したらしく安くなっていたので「コンスタンティン」を借りました。実際は、「キャットウーマン」にだいぶ惹かれたんですが、聞くべきCDが5枚もあるので「キャットウーマン」はまたの機会にして、すでに劇場で見た「コンスタンティン」にしたわけです。

 で、いいですねぇ〜。コンスタンティン。あ、そうそう、このブログで映画のことを語るときは、たいていネタバレなんで、ご注意ください。まあ、個人的にはいつも映画を見る前にネタバレを見たりして予習してから映画館へ行くんですが。でも映画を見ないとわからないようなこともがんがん書いちゃうので、記事を読むのは映画を見てからのほうがいいと思います。

本題へ
posted by Ciao at 00:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

今更ながら・・・

 TSUTAYA会員証更新で1本無料キャンペーンに乗っかって「バットマン ビギンズ」を借りて見ちゃいました。本当は「急げポッターと炎のゴブリン(違)」を借りるつもりが、まだ新作扱いだったのでやめました。ま、「ロード オブ ウォー」とあわせて夏休みあたりに借りて見りゃいいや。
 で、中身はというと、予想外に良かったです。正直、「バットマンなんて・・・」と思ってたんですが、ダークな雰囲気も良かったし、それより何より事件解決に重要な役目をする刑事さんがいい味出してまっせ!・・・と、思ったら、なんとゲイリー・オールドマンでした。どーりで良いわけだ。
 そういや、リーアム・ニーソンこの映画では悪役なんだなぁ・・・なんかどうもクワイ・ガンとダブってしまって。でもよかったですよ。
 ・・・結構キャスト豪華っすね。

 ところでこれを見るきっかけはFrognationのKEN=GO→さんの書いた記事だったんですな。いままでKEN=GO→さんはFrogman recordsの創立者としか思ってなかったんだけど、本業は違ったのね。

勝手に紹介リンク
 Frognation
 Frogman records
 きっかけの記事

余談を読む
posted by Ciao at 22:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。